作品 トピックス
ニュース

サイトトップ
ニュース
カミングスーン
DVDリリース
ムービー
レポート
インタビュー
プレゼント
レビュー
イベント

更新履歴
リンク
このサイトについて
モバイル
オンラインショップ
STAFFによるブログ[ 聞新稽滑 ]

RSS 1.0データ [News]

RSS 1.0データ [Report]

RSS 1.0データ [Interview]

東宝ミュージックストア

ゆうばり国際ファンタス
 ティック映画祭

アニメファン

刑事(でか)まつり
つぶやきブログ









少林寺達磨大師(だるまだいし)
達磨祖師
MASTER OF ZEN
2002年3月8日ビデオ発売&レンタル開始

少林武術は禅の心。霊峰より聖く、大河より深い。
少林武術の発祥と創始者を描くアクション超大作!




1994年/香港/90min/発売:マクザム

LINK
IMDb
□関連リンク
http://www.maxam-ov.co.jp/
この作品に関する情報をもっと探す



解説

現在、世界中が注目している香港映画だが、その中でも特にカンフーに代表されるアクション映画は人気が高い。ハリウッド映画ではほとんどのスターがスタントを使うことからも、アクションができる香港スターたちは尊敬を集めているようだ。
本作の監督はブランデイ・ユエン(袁振洋)。今やハリウッドの売れっ子アクション監督であるユエン・ウーピンの弟であり、袁家班(ユエン家の人々が中心となったアクション軍団)の1人だ。彼等は『マトリックス』に続き、ブロックバスター映画『チャーリーズ・エンジェル』のアクション監督も勤めた(袁祥仁=ユエン・チュンヤンが監督としてクレジットされている)。彼等の父親ユエン・シャオテイン(袁小田)は武術監督でもあり、ジャッキー・チェン主演『酔拳』『蛇拳』でジャッキーの師匠を演じていた人物でもある。このように世界的にも評価が高いアクション一家の血に違わず、ワイヤー・アクションを効果的に使い、壮大な物語を更に超一流の娯楽映画に仕上げたブランデイ・ユエン監督。そしてイー・トンシン、ルイス・ファンなど、アクションに定評のあるキャストが揃い、初めて本格的に少林武術発祥を描いた一大巨編である。


ストーリー【ネタバレの可能性あり】

南インドの第3王子として生まれた達磨は、その知性と善良な人柄から王位継承者として人望を集めていた。だが、兄弟間の争いに苦心していた達磨は、般若多羅法師の説法に感銘を受け、真実を究めたいとの欲求に突き動かされ、宮殿を出奔、全てを捨て、師のもとに出家したのだった。
67年の時が流れ、達磨は師の盲葉に従い、中国で禅を広め、衣鉢を継ぐ弟子を探すため1人旅立った。3年の航海の後、達磨は梁の国に着く。当時の中国は、南北朝時代を迎え、戦乱が相次いでいた。インドの高僧が来たという噂はたちまち広がり、達磨は梁の僧たちに歓迎される。だが、多くを語らない達磨の教えを理解する者は少なく、次第に人々に疎まれていった。豊富な財力で寺社を保護していた武帝も、熱心な仏教信者だと自認していたが、達磨の説法に得心しなかった。そのため達磨は揚子江を渡り、魏の国へ行き、少林寺へ辿り着いたのだった。
一方、梁の国に神光という熱心な沙門がいた。神光は前世での罪業に苦しみ、解脱できずにいた。ある日神光は、夢の中で助けたウサギに啓示を受け、修行の旅に出る。導かれるようにして少林寺に辿り着いた神光は、洞屈で9年間座禅していた達磨に出会い…。


スタッフ
監督:袁振洋(ブランデイ・ユエン)『チャンピオン鷹』『香港・東京特捜刑事』
アクション監督:袁振洋(ブランデイ・ユェン)、周志成
撮影:潘徳業
脚本:沈陽、陳古芳、李烱佳


キャスト
イー・トンシン(デレク・イー)『ファイターズ・ブルース』
ファン・シウウォン(ルイス・ファン)『RIKl-OH/カ王』『プロジェクトS』
チェン・ソンヨン『ゴージャス』『格闘飛龍・方世玉』『新・少林寺伝説』
ウー・マ『ワンス・アボン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地黎明』『ハイリスク』
ファン・ムイサン『プロジェクトA2/史上最大の標的』『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』



※「本ページの文章は、プレス向け資料をそのまま掲載しており、加筆はしておりません」


CINEMA TOPICS ONLINEに関するご意見・ご質問はこちらからお願いいたします。
| プライバシーポリシー | サイトマップ | リクルート | Q & A |
© 1996-2014 CINEMA TOPICS ONLINE.