作品 トピックス
ニュース

サイトトップ
ニュース
カミングスーン
DVDリリース
ムービー
レポート
インタビュー
プレゼント
レビュー
イベント

更新履歴
リンク
このサイトについて
モバイル
オンラインショップ
STAFFによるブログ[ 聞新稽滑 ]

RSS 1.0データ [News]

RSS 1.0データ [Report]

RSS 1.0データ [Interview]

東宝ミュージックストア

ゆうばり国際ファンタス
 ティック映画祭

アニメファン

刑事(でか)まつり
つぶやきブログ









人が人を愛することのどうしようもなさ
2011年06月01日よりDVDリリース
2007年11月21日よりDVDリリース
2007年9月8日(土)より全国ロードショー!



(C)東映ビデオ
[ more photo ]
石井隆監督“名美”シリーズ最新作
すこしだけ、私に愛をください。




2007年/日本/カラー/??分/R-18
製作・配給・宣伝:東映ビデオ


LINK
公式サイト
□この作品のDVDを購入する (powerd by amazon)
この作品に関する情報をもっと探す



解説

『花と蛇』から2年。
鬼才・石井隆の強烈なエロスと映像世界に、
女優・喜多嶋舞が肉体と魂をここまでさらけ出した!

日本映画界の異端児・石井隆がついにその沈黙を破る。待望の新作の名は『人が人を愛することのどうしようもなさ』。『天使のはらわた』以来、彼が描き続けてきた“名美”シリーズのまさに頂点に立とうかという、ねじれた男女の愛憎劇だ。石井ワールド究極のヒロイン・名美の継承者として指名を受けたのは『GONIN2』の女優・喜多嶋舞。前作を超える極限のエロスを映像に噴出させようとしていた石井隆は、喜多嶋舞を想定して初稿を書き、熱烈なラブコールを彼女に送る。

「喜多嶋舞の裏も表もすべてを描いてみたい」(監督・石井隆)
「震えるくらいにドキドキしている」(女優・喜多嶋舞)

最高のスタッフ・キャスト陣が石井組に結集!
 
映画のキーパーソンとなる岡野役に北野武作品の常連であり「GONIN」以来の出演となる
津田寛治。名美が破綻してゆくきっかけとなる夫役に「GONIN」「GONIN2」の永島敏行。
その不倫相手には新人女優・美景(みかげ)が扮し、大胆なヘアヌードに挑む。他、石井監督の世界を愛してやまぬ竹中直人が脇を固める。さらに新しい“名美”の出現に立ち会うべく、撮影・佐々木原保志、照明・牛場賢ニ、録音・北村峰晴、美術・山崎輝、音楽・安川午朗という、これまで石井ワールドを支えてきた最高のスタッフが再結集。昼と夜、女の光と闇----その二面性を映像に焼き付ける。盟友・佐々木原保志は言う。「フリッツ・ラングか石井隆か、ジュールス・ダッシンか石井隆か」。
その答は、ここにある。


ストーリー【ネタバレの可能性あり】

人気女優として活躍する土屋名美(喜多嶋舞)。だが私生活では同じく俳優の夫・洋介(永島敏行)と破局の危機を迎えていた。多忙を極める名美を横目に、下り坂の洋介は若い女優(美景)と浮気。その荒んだ生活は、長いすれ違いで心身ともに蝕まれていた名美をさらに追いつめていった。現在撮影中の新作『レフトアローン』では、夫・洋介が名美演じるヒロイン鏡子の夫役として共演。しかも、洋介の浮気相手の女優まで出演というスキャンダラスなキャスティングがマスコミの注目を集め、マネージャーの岡野(津田寛治)はその対策に忙殺されていた。そんな中、ひとりの編集者・葛城(竹中直人)が名美にインタビューを試みる。
「映画『レフトアローン』-------- それは愛のない夫婦生活に絶望した女優・鏡子の切ない物語。俳優である夫の言葉の暴力、そしてたび重なる不倫…。耐えきれず電車に飛び乗った鏡子は車内で自らに下品な化粧をほどこし、ネオンの街角で声をかけてきた男たちに体を売る。それは自分を女として見なくなった夫への復讐か、それとも自分を取りもどすための女としての本能なのか?--------」
劇中の鏡子と自分を重ねるかのように、葛城に映画の解説をする名美。だがそこには……。やがて誰もが想像しなかった衝撃の結末が訪れる。


スタッフ
監督・脚本    石井 隆

企画   石井 徹 松田仁
プロデューサー  阿知波孝
撮影   佐々木原保志
     寺田緑郎
照明   牛場賢二
録音   北村峰晴
美術   山崎 輝
音楽   安川午朗
編集   村山勇二
助監督   日暮英典
製作担当   小松 功
製作     東映ビデオ株式会社
製作協力   ファム・ファタル

配給:東映ビデオ


キャスト
喜多嶋舞

津田寛治

永島敏行

美景(みかげ)
伊藤洋三郎
山口祥行
中山 俊
城 明男
志水季里子
品川 徹

竹中直人



※「本ページの文章は、プレス向け資料をそのまま掲載しており、加筆はしておりません」


NO
CINEMA TOPICS ONLINEに関するご意見・ご質問はこちらからお願いいたします。
| プライバシーポリシー | サイトマップ | リクルート | Q & A |
© 1996-2014 CINEMA TOPICS ONLINE.